魚を活かす

素材の良さでは負けないと自負しておりますが、魚の扱いには特に自信を持っております。鮮魚店も経営していた先代から受け継いだ確かな目利き、毎朝市場に足を運ぶことで培った市場関係者との信頼関係により最高の魚を仕入れております。刺身に対するお客様の評価は絶大で、特に県外のお客様には「こんなに美味しい刺身は初めて食べた。」というお声をよくいただき、励みになっております。

魚(特に刺身)といえば「鮮度が命」と思われがちですが、実は種類によっては寝かせることでより旨みが増すものもあります。魚に合わせて鮮度を重視したり、寝かせの技術で旨みを引き出して、より美味しくお客様に提供することを心がけております。



出汁を活かす

鰹節は鹿児島産、昆布は北海道利尻産と産地にこだわり出汁を取っております。出汁を取るのは当たり前と思われがちですが、きちんとした量・手順で取ることで美味しい出汁は生まれます。出汁は和食の原点です。出汁を知り上手に活用することで、美味しい料理を提供することができます。美味しい出汁を使うことで塩分も控えることができ、和食がヘルシーといわれる所以なのです。

当店自慢の「出し巻き玉子」は新鮮な玉子と出汁と少しの調味料を合わせ、熟練の技で焼き上げております。お客様には「出汁の優しい味がする。」「玉子独特の匂いがせず食べやすい。」と、嬉しいお声もいただいております。ご自宅用はもちろんお使いの品としてもご注文いただく人気の一品です。

今後も当たり前のことこそ手を抜かず、きちんと仕事をすることでお客様を笑顔にしていきたいと考えております。


最後まで飽きさせません

最後にお出しするデザートも手作りにこだわっております。季節や客層に合わせて内容を決め、意外性のある隠し味やソースとの組み合わせも考え、最後までお楽しみいただけるよう工夫しております。お客様の笑顔が大好きで、食べることが大好きな大将は最後まで手を抜かないのがポリシーです。

手作りスウィーツの中でも老若男女問わず人気の一品がプリンです。ゼラチンや生クリームは使用せず、新鮮な玉子と牛乳を蒸して作る昔ながらのプリンは優しい甘さとほろ苦いカラメルが特徴で、一口食べると懐かしさを感じていただけるしっかりとした口当たりです。

お客様のご要望に応え、2017年7月より「仕出し屋の昭和ぷりん」(220円)として店頭販売を始めております。ぜひご賞味ください。